株式会社ミライト情報システム

Notes 移行/Notes リプレース

  1. HOME
  2. ソリューション
  3. Notes 移行/Notes リプレース

最適な移行方法のご提案から新システムの開発まで、 Notesの移行をお考えならご相談ください。

ビジネスのスピードについていけるシステムにNotesを移行


Notesのコスト・運用面でお悩みではありませんか?

当社では、お客様のNotesリプレースを支援してきた実績を基に、自由な選択肢から、お客様ごとの課題を解決する 最適な移行方法をご提案いたします。

効率よく移行するためのカギは「調査」
移行は3つのステップで実現します

Step1 移行するDBを絞り込む

調査1

アクセス状況調査、DB機能別分類調査により、使われていないDBと今後不要となるDBを洗い出し、移行対象を絞り込んで、新システムの開発工数を抑えます。

Step2 移行方法の選択

Notes移行方法の選択

グループウェア機能やメール機能については、開発コストと運用コストの両方が抑えられる汎用アプリを利用し、汎用アプリでは対応できない機能は個別開発を検討します。

Step3 開発手順の選択

開発手順の選択

ベースとなるDBを割り出して先行開発を行い、類似DBの移行を効率よく行います。

スピード移行のため、当社には「楽々」による”解”があります。
楽々Frameworkを利用したNotesリプレース事例

※「楽々」以外のツールでの移行もお問い合わせください。

楽々Frameworkを利用したNotesリプレース事例

当社のNotes移行のポイント

テンプレートを活用した利用状況の診断

  1. Notes活用状況の診断
  2. DB分類による移行方針の決定
  3. 移行の制約への対応策の検討

DBの最適化移行

  1. 難易度の高いDBを、ベースDBとして移行
  2. ベースDBを元に、類似DBを効率的に移行
  3. 残DBの移行

定着化

  1. 移行に制約のある機能については、新オペレーションの教育実施等を計画
  2. 拠点展開の計画立案を行い、定着化を実施

導入事例

松井製作所様 Notes移行事例(外部サイト)
掲示板、施設予約、人事評価、旅費精算等のグループウェアシステムとして利用していたNotesを全てリプレースした当社の支援事例です。

>>詳細を見る

※記載されている商品名は各社の登録商標または商標です。

Notes移行に関するご相談・お問い合わせ

担当者が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ フォームからのお問い合わせフォームからのお問い合わせ

本社:
03-5843-6300

大阪オフィス:
06-6446-3358

九州営業所:
092-285-7227